障害者支援施設

(すぎなみき学園)

矢野支援員

大切なことは日々の小さな積み重ね。
大学で医療福祉を学び地元での就職を考えて、障害福祉事業から高齢者福祉事業まで幅広く事業を手がける「すぎなみき会」ならば持続的なやりがいがありそうだと思い、就職を決めました。

現在は生活支援員として入所施設で利用者の方の日常生活をサポートしています。
私たちの仕事は、利用者の方が何を望んでいのるかしっかりと意志を汲み取ることはもちろん、周りのスタッフや事業所の方、そしてご家族とも綿密に連携をとり、その方にとってベストな支援を提供することです。時には、少し困難に思えることでも、本人やご家族の強い要望があれば応援することも。やはりこの仕事で大切なのは、本人の気持ちを尊重して応援する姿勢だと思います。
日々の業務の中で時には大変なこともありますが、『利用者の方が自分らしく当たり前に1日を過ごせた』という小さな積み重ねが「また頑張ろう」という自分のモチベーションになっています。

プライバシーポリシー
Copyright(c)2017 Suginamikikai. All Rights Reserved.